スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べるもの~量より質を考える①電子レンジ編

ごはんここ1,2年急に食のいろいろな問題が噴出してきて、皆 食べ物について少しづつ関心を持つようになってきましたね。

我が家は、6年前に耳ツボダイエットを始めて、食環境が大きく変わりました。
それまでは、恥ずかしい事に、食に関してほとんど無関心で、子供のお弁当はレンジ物。って当たり前。
仕事が終わると、コンビ二でお弁当買って、主人はそれをつまみにビールビール
なんて生活…
息子のダイエットを、真剣に考えた時に、食べている物の質の悪さに気づき愕然としました。
料理を用意する母であり、妻である自分の意識の低さが恥ずかしかったです。
看護師でありながら…です。
それからは、変わりましたね。
一番変わったのは、電子レンジを無くしたことでしょうか?
S40年生まれの私はレンジ無しで育ったんです。
無くなっても何も困らなかったのは、不思議なくらいですね…
手作りしたものを、新しいうちに頂く。
量より質を考えて作りすぎない。
レンジ用のものは買わない。
という生活になれたからでしょう。
ダメ駄目主婦がチョットまし主婦になったかな?

電子レンジは、1962年日本初発売後、今ではどこの家庭にも普及していますね。
加熱のしくみは、
1秒間に24億5千万回振動する電磁波・マイクロ波を発生、食材の分子を超高速振動させて、周囲原子との摩擦によって誘導過熱させる。
というものです。
この超高速振動は、自然界では発生しないものであるため、分子はダメージをうけ、異型のものに変化してしまう事が判っています。
例えば、たんぱく質は異型アミノ酸となり、身体の中で自然には消化できないもの。になってしまうのです。
それだけでなく、有害物質として活性酸素を増やしてしまう、という 厄介なことになります。
血液にも影響し
「ヘモグロビンの減少」
「悪玉コレステロールの増加」
「人体の生体エネルギーを狂わす」
「ビタミン・ミネラルの働きを狂わす」
などなど…これ以上は脅しているようなので、書けません。

最近での、ギョーザ問題…はじめ、被害にあわないように、食などに関する事を、少しづつ見つめなおし
この、ブログでも数回にわけて、報告していこうと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。