スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べるもの~量より質を考える⑥ 『食事の質を善くする15の方法』

にっこりお陰様で、舌のケガもすっかり治って、やっと美味しく食事ができるようになりました。
痛くて、大好きな納豆が食べれない日々がツラかった…
やっと やっと 納豆解禁!
お昼に食べる納豆アレンジは、もう私の中では主食中の主食ですよ。
納豆ベースに、あらゆるものを 混ぜて混ぜてグリグリ混ぜて 海苔で巻いて少しづつ少しづつ、いただきます。
混ぜれるものは何でも、まぜちゃいますよ。
・玉子はモチロン
・岩海苔 
・漬物 野沢菜系、ナメタケ系、メカブ系、キムチなどなど
・おかずの残り キンピラ、切干、ヒジキ煮、味噌汁の具などなど
・ねぎだけでなく、スプラウト系も
・調理味噌もグー
とにかく、納豆だけで食べるなんてもったいない。。。
そうすると、ほとんどご飯の量を減らせるし、腹持ちはいいし、何より自分のその日のアレンジ次第で味を楽しむ事ができますよん!
そんな感じで昼食に自分なりに求食しています。
ちなみに、夕食は確実に20時過ぎてしまうんで、今は お味噌汁メインです。
ワカメ・キノコ入り必須の味噌汁にしています。。。
もっと言うと、朝は唯一甘いもの系。。。パン好きなんですね~
これは、やめられません・・・
でも、ささやかな抵抗は、雑穀パンにすることです。
以前は手作りしていたんですが、家族に不評なため、今は手抜きです。汗;
キラキラヤマザキパンの12穀ロールが、これまた絶品のうまさ!

さあ 自分の事はさておき、6回目は小児科医真弓先生推奨の
『今日からできる!食事の質を改善する15の方法』をお伝えします。
① 水を飲む  みずみずしい体。1日の必要量は体重×0.025(㍑)以上 
② 腐る食べ物を腐る前に食べる。
③ 家庭で調理した物を食べる。
④ 良く噛んで食べる。(箸置きを使う)
⑤ 地元で獲れた季節の物を中心に食べる。
⑥ 食べられる部分はなるべく残さず食べる。
⑦ 「まごわやさしい」が理想の食材
⑧ 早寝早起き
⑨ カタカナ料理よりひらがな料理を
⑩ 牛乳・玉子はなるべく避ける
⑪ 白砂糖を減らす
⑫ 肉より魚で
⑬ 栄養(脂質・糖質)を摂り過ぎない
⑭ 環境・歴史・季節・年齢を考えて食べる
⑮ 朝食は王者の如く、昼食は富者の如く、夕食は貧者の如く食べる


できそうなものから気をつけてみませんか?
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。