スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ対策キャンペーンについて

妊婦メタボ メタボ と耳の痛い単語が氾濫していますね。
さあ、このポッコリお腹どうしよう。。。!?
「なんとかしたい!」
と、強いダイエットの覚悟ができた方へ
ヘルシーみわでは、10kg減量用・5kg減量用の優待料金を設定しています。
通常料金よりも財布の負担を少なく、
また、成功まで強い集中力が維持できるように、プランをたてていきます。
いつも失敗してるから。。。
ほんとうに成功するかしら。。。
心配がたくさんあるかた、ホームページからのメールでも、お電話でも、どんどん質問してください。

ということで、今回は気になる脂肪についてのお話。。。

  内臓脂肪
  皮下脂肪
大きく分けると、この2種類が頭痛の種となるものですね。
いっぱん的には、中年層は、男性がこの内臓型。
女性は、皮下脂肪型。と、今は両方の混合型が多いと言われてきました。
が、現代はやせていてもお腹だけポッコリ!という方が男女問わず多いこと。
顔や服から出ているとこは細いのに、横から見るとお腹だけポッコリ。。。

簡単にいうと、ヘソから上は内臓脂肪。
ヘソから下は、皮下脂肪。と考えます。

この臍上の内臓脂肪。は、
つきやすく、落としやすい。
対して、皮下脂肪。は、
付きにくいが落としにくい。という性質があります。
 
ダイエット始めて、少食にし、ちゃんと空腹の時間が生まれてくると
この空腹時に(すきっ腹)内臓に蓄えた脂肪が使われます。
ダイエットお手伝いする時に、皆さんには必ずすきっ腹を意識してくださいね。って言います。
すきっ腹はラッキーです。
このまま、2週間も頑張ると、胃の辺りがなんだかスッキリ!
「あら~ウエストのホックがユルイ~」ハート
てことに必ずなります。

皮下脂肪は長年、大事に使わずに積み重ねた脂肪です。
あせらず、ゆっくり減らしていきましょう。

毎日食べて使われないガソリン(エネルギー)が、とりあえず、内臓脂肪で蓄えられ、その積み重ねで
蓄えきれないものが、皮下と筋肉の間にたまっていくということです。
要は、今日動くだけのガソリンを入れましょう、ということですね。
少食の極意は、
昨日のブログを参考に。。。是非


スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。