スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲田医師からのメッセージ①空腹と治癒力の関係

今日のドラ1はどうかな~
今日の試合は、さすがに落とせないな~
でも、ここまできてしまっただけスゴイよね~
と思いつつ、仕事もしながら、手が空いたら試合も気にしつつ・・・

今日は、さっき治療したIさん女性との会話から
先日のブログの続編を書こうと思いたちました。

当接骨院の患者様で、50代~の女性の方で
圧倒的に足腰のトラブルが、多いです。
もちろん、フルタイムでたち動くお仕事をされている方。
「更年期と関係があるのかしらね?」ってたいてい聞かれます。
身体のしくみから考えると、
「無関係ではないですね。
閉経をきっかけに、女性ホルモンがストン!と減ってしまうんですね。
女性ホルモンなど性ホルモンは、活性組織という、筋肉・骨・内臓を元気にする働きをしていたわけなんですね。
それが、急に減ってしまった時に、いつもと同じ活動をしているだけなのに、疲れたり・痛くなったり・なんだか調子悪い・・・
ってなことを感じる人多いですよ。」
って答えます。
「人間は、立って歩く二足歩行のため、1日活動すると背骨・骨盤が歪んでしまいやすいです。」
また、
「トラブルは、下から上に、ジグザグに連鎖していく傾向もありますよ。」
たとえば、
右足先の疲れ・痛みから
左足首~右ひざ~左下腹~右肝臓~左肋間~右肺~左肩~右のど~左頭痛。。。
なので
我慢して、頑張りすぎていくと
肩痛い、手もムクむ、身体中悪い・・・ってなっていくケースもままあります。
でも、しっかり休養とると、治る時は、いっぺんにぜ~んぶ治っていくもんなのです。

ここからが、続編なのです。
「すきっ腹はラッキー!」と
「少食のすすめ」のつづきです。

食事を減らすことの最大の目的は何ですか?
 答え:ダイエット? ではないんですね
甲田医師
 「空腹状態をつくることで自然治癒力を高めることができます。
 動物は、体調が悪くなると食欲がなくなるものです。
 病気やゲガで体調が悪くなると、食欲がなくなり、食べれなくなる。
 すると、人間が本来持っている病気をなおそうとする自然治癒力が高まり、回復する。
 これは大自然の計らいだと思います。
 人間もこの大自然の計らいに素直に従うと、治す力が高まります。」

Q)では、「具合が悪くて食欲ないけど、食べて体力つけなきゃ」というのは?
甲田医師
 「食欲もないのに無理して食べていると、治る病気も治りません。
 具合が悪くて食欲が無いときは、身体の声に素直に従って食べなければいいのです。
 また、食欲があるとしても、積極的に少食を実行すれば、自然治癒力が高まって
 病気が早く治り、体調はますます良くなって健康に過ごせるのです。」

というお話です。
 内臓の疲れ、というのはよっぽど悪くならないと気づかないものです。
 少食実行は、身体の中をいたわってあげるには、一番の方法ということですね。。。

あ~長くなりついでに
昨日、たまたま見たテレビで、美容外科のあの高須先生が言われていました。
~女性の若さの秘訣~
 星夜、できる限り早く寝ること!
  メイクにかけた倍の時間をかけてメイクをおとすこと!
  日光にあたりすぎないこと!
                  ですって!


スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。